健やかに安心して過ごせる生活の場

黎明会にお問い合わせをいただく皆様へ

どの施設を利用すればいいの?

一概に老人施設、障害者施設といってもどういう基準で入所できるのかわからない・・という方のために 簡単にまとめさせていただきましたので、参考にしてください。

障害者施設とは  (澄水園・のぞみ作業所)

    障害者の方に対し、夜間に「施設入所支援」を行うとともに、昼間に「生活介護」、「自立訓練」又は「就労移行支援」を行う施設です

救護施設とは  (黎明寮・あかつき)

    救護施設は、身体や精神に障害があり、経済的な問題も含めて日常生活をおくるのが困難な人たちが、健康に安心して生活するための保護施設です

有料老人ホーム (熱海ゆとりあの郷)

    有料老人ホームは施設の設置に規制がなく、民間企業が参入し3類型に分類されます。
    介護付有料老人ホーム
    住宅型有料老人ホーム
    健康型有料老人ホーム

高齢者施設は大きく分けて以下の5つに分類されます

(1)特別養護老人ホーム 略して「特養」 (やすらぎの園)

    特別養護老人ホームは、要介護1以上の方が利用できる、長期入所生活施設です。設置運営は地方公共団体または社会福祉法人に限られます。公費の援助を受ける点も特徴です。

(2)介護老人保健施設 略して「老健」 (けやきの郷)

    介護老人保健施設は、医療機関と家庭とを結ぶ「家庭復帰施設」で、リハビリテーションに力を注いでいます。
    特別養護老人ホームが長期入所の生活施設であるのに対して、介護老人保健施設は、家庭復帰を目的とした一時的に入所する施設です。

(3) 介護療養型医療施設 (南台病院)

    「長期にわたる療養を必要とする要介護者に対し、施設サービス計画に基づいて、療養上の管理、看護、医学的管理の下における介護その他の世話及び機能訓 練その他の必要な医療を行うことにより、その者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるようにするものでなければならない」
    介護療養型医療施設は、急性疾患の回復期および慢性疾患を有する高齢者が利用することが一般的です。

(4)グループホーム(やまびこ)

    グループホームの正式名称は、「認知症対応型共同生活介護」です。認知症対応型共同生活介護は、介護保険法第7条第15項で定められています。
     「要介護者であって、認知症の状態であるものについて、その共同生活を営むべき住居において、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行うこと」
    グループホームは、認知症の高齢者が、1ユニット5人?9人で共同生活を営む住居です。
    スウェーデンなど北欧諸国で、小規模、少人数の生活環境を提供する試みから、大規模な施設では見られなかった認知症高齢者の潜在力が引き出されることがわかり、グループホームの設立が促進されました。

問い合わせ先がわからない場合は、「その他」をチェックして下さい。
また、電話でのお問い合わせは 042-349-2321(総合相談窓口)までご連絡ください。

ご相談メールページに戻る