南台病院トップページへ戻る
黎明会のホームへ
サイト内検索
テキスト表示サイズ   サイトマップ

南台病院について

院長挨拶

診療科ご案内

休診のご案内

医療技術部門のご紹介

看護部のご案内

連携医療機関のご紹介

来院される方へ

健診のご案内

法人内ネットワーク

医療連携室

看護師復職支援

インフルエンザ予防接種

患者権利章典

南台病院へのお問い合わせ

内科のご案内

どの科へ行けばいいか分からないというような体の不調の場合には、まず内科を受診して下さい。
ここでは生活習慣病(糖尿病・高血圧・高脂血症)、急性疾患(腹痛・胸痛・発熱など)、要介護疾患(脳血管疾患による運動障害・認知症)などを、各専門家と密接な連携をとりながら診察します。
訪問看護ステーションなどとの協力により在宅医療、一般病棟や療養型病床群(介護型、医療型)への入院も可能です。 また、基本健診などの健康診断や健康相談、インフルエンザ等の予防接種も行っています。
院内にあるCT検査・内視鏡検査・エコー検査・心電図・血液生化学検査等で、迅速な検査・診断ができます。




消化器内科のご案内

【診療内容】

上部消化管(食道・胃・十二指腸)、下部消化管(大腸)、肝臓、胆道及び膵臓疾患を中心に、消化器病全般の診療を行っています。
当院で可能な検査は、上部・下部消化管のX線及び内視鏡検査、腹部超音波検査、腹部CT検査があります。
上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)では,苦痛の少ない細径内視鏡による経鼻内視鏡検査を行っています。
治療は,内視鏡的治療を積極的に行っています.また、手術が必要な場合などは、近隣の専門病院を紹介しています。

【診療を行っている主な病気】

〈上部消化管疾患〉 食道炎、食道癌、食道胃静脈瘤、胃・十二指腸潰瘍、胃癌など
〈下部消化管疾患〉 大腸ポリープ、大腸癌、腸閉塞、炎症性腸疾患など
〈肝臓疾患〉 急性・慢性肝炎、肝硬変、肝癌など
〈胆道・膵臓疾患〉 胆石症、胆嚢癌、胆管癌、急性・慢性膵炎、膵癌など

【治療内容】

消化管出血に対する内視鏡的止血術、 胃・大腸ポリープや食道・胃・大腸の早期癌に対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)・内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、ヘリコバクターピロリに対する診断・除菌療法、食道・胃静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法・内視鏡的静脈瘤結紮術、胆道・膵臓疾患に対する内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)および治療、胃瘻造設術(PEG)など


経鼻内視鏡とは

現在、日本人の死因の第1位は、がんです。がんは早くみつかれば、それだけ治癒の可能性も生存率も高くなります。なかでも日本人に多い胃腸のがんには、内視鏡検査が早期発見につながる有効な検査方法のひとつです。しかも、早期がんであれば大きな手術をせずに、内視鏡を使った手術で取り除くことも可能です。消化管癌(食道癌,胃癌,大腸癌)は、早期発見により内視鏡による治療が可能な場合があります。そのため、早期発見・早期治療につながる定期的な内視鏡検査はかかせないものです。しかし、「胃カメラは苦しい」というイメージの患者さんを多くみかけます。いかに有用な検査であっても、患者さんが検査を敬遠してしまう事で病気の発見、診断の機会が遅れてしまっては残念な結果を引き起こしてしまいます。

経口内視鏡と経鼻内視鏡写真

右は鉛筆、左は経口内視鏡、真ん中が経鼻内視鏡)

鼻からカメラを入れることに、抵抗感をもたれる方もいらっしゃるかもしれませんが、きちんと前処置(鼻腔内の局所麻酔)をすれば心配はありません。また、経口法と比較し以下のような特徴があります。
1.咽頭反射による嘔吐感が少ない
経口法では、内視鏡が舌のつけ根に触れるため、咽頭反射(“オエッー”)が起こります。経鼻法では内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどに触れることがないため、挿入による不快や吐き気をほとんど感じることなく検査を受けることができます。
2.検査中に会話ができる
経口法ではマウスピースで口を塞がれてしまいましたが、経鼻法では検査中でも医師と会話ができます。質問をしたり、気分を伝えたりできるので、安心して検査が受けられます。
3.日常生活に早く復帰できる
経口法では、検査を楽にするため鎮静剤を使って検査をすることがあります。しかし、経鼻法では、鎮静剤を使用しなくても検査が楽に受けられるため、短時間で日常生活に復帰でき、車の運転も可能です。また、食事も比較的早くとれます。
▲back


循環器内科のご案内

【診療内容】

循環器科は、主に心臓疾患、血圧を対象とします。胸痛、胸部圧迫感、息切れ、動悸などが患者さんの訴える主な症状です。このような訴えを詳しく聞き(問診)、診察し(聴診など)一般検査(心電図、胸部レントゲン、血液検査など)を行い、さらに必要があれば専門的な検査を行い診断・治療を行っています。 当院で可能な専門検査として、心臓超音波検査(心エコー検査)、ホルター心電図(24時間心電図)などがあります。
狭心症などの診断、治療で心臓カテーテル検査が必要と考えられた場合や、徐脈でペースメーカーが必要な場合などは、患者さんの希望もお聞きして近隣の専門病院を紹介しています。

【診療を行っている主な病気】

虚血性心臓病(心筋梗塞、狭心症)、不整脈、弁膜症、心不全、高血圧など



神経内科のご案内

【診療内容】

内科の中で神経系統の疾患を取り扱う部門です。頭痛、手足のしびれや、手足が巧く動かない、巧くしゃべれない、歩行が巧く出来ない、めまい、手が震える、痙攣がある等の症状があるときは受診して下さい。

【診療を行っている主な病気】

脳梗塞・脳出血・偏頭痛・筋緊張性頭痛、三叉神経痛・肋間神経痛・坐骨神経痛等の各種神経痛、パーキンソン病・重症筋無力症・神経炎・てんかん・脳炎・髄膜炎など。ただし、統合失調症・うつ病・ノイローゼは、当科ではなく神経科を受診して下さい。




整形外科のご案内

【診療内容】

日本の超高齢社会による人口構成の変化は小平地区も同様であり、南台病院にも高齢者の受診が多くなっております。
高齢の方は歩きにくい・動けにくい方は膝関節や背骨に変形がみられ、また女性に多い骨粗しょう症などで悩んでいる高齢の方々には適切な薬剤や関節運動やリハビリを導入して症状の改善を図っております。
また一般的な整形疾患にも改善を促す治療を行い、円滑に日常生活が送れるように診療を行います。

【診療を行っている主な病気】

  • 関節疾患:痛みや運動制限・歩行不自由などの主症状である。
    1. 上肢は五十肩や肘関節炎、手指の関節炎や腱鞘炎など。
      下肢は膝関節・股関節・足関節の痛み(変形性関節症)。
  • 脊椎疾患:腰や背中の痛み・下肢のしびれ・歩行制限を主とし、疾患名としては腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・変形性脊椎症 骨粗しょう症・脊椎圧迫骨折など。
  • 免疫疾患:朝のこわばり・関節の痛み・運動が不自由などの症状である。
    1. 疾患名は関節リューマチ・ループスエリテマトーデス・その他。
  • 神経疾患:手や足の脱力・感覚障害・歩行障害や日常生活の不自由などが主症状である。
    1. 疾患名は頸髄症・脊髄症・脊髄損傷・末梢神経麻痺など。
  • スポーツ外傷・障害:上肢や下肢の捻挫や脱臼・骨折など。
  • 一般的な外傷:転倒や交通事故などによる打撲捻挫や脱臼・骨折など。
  • その他の整形外科疾患



リハビリテーション科のご案内


【診療内容】

当院リハビリテーション科では、急性期と維持期のリハビリテーションを中心に実施しています。
脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患、骨折や変形性関節症などの整形外科疾患の患者様に対し、理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)の各療法士が協力し、運動機能や精神機能、社会的機能の改善を図れるよう努めています。
また、外来でのリハビリテーションも積極的に行っており、物理療法による疼痛緩和や自主トレーニングメニューの作成と指導にも力を入れています。

【外来受診をされる皆様へ】

木曜を除いた月曜〜土曜の午前のみ外来でのリハビリテーションと診療科の受診後にリハビリテーションを実施しております。

<リハビリ受診の流れ>

[初回:受付に診察券提出]

[血圧・体温・脈拍 測定]

[担当医師の問診]

[担当医師による指示箋作成]

[リハビリ室に来室]

[担当セラピストによる評価]

午後は、急性期病棟・一般病棟の入院患者様のリハビリテーションを実施しております。

診療科目 整形外科・リハビリテーション科
診療受付時間 月〜土曜日 午前8:30〜11:30
診療時間 月〜土曜日 午前9:00〜12:00
休診日 木曜・日曜・祝日

※毎週土曜には、言語療法士、火曜には義肢装具士が外来対応いたします。

【当院におけるリハビリテーションの対象となる疾患】

整形外科疾患

骨折、変形性関節症(脊椎、股関節、膝関節、足関節)、脊椎疾患(頸髄症、 胸髄症、脊髄損傷、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症等)、人工関節術後 (THA・TKA)、肩関節疾患(肩関節周囲炎等) 等

中枢疾患

脳出血、脳梗塞、脳腫瘍、クモ膜下出血、外傷性疾患、神経難病(パーキンソ ン病、脊髄小脳変性症等)、末梢神経障害(橈骨神経麻痺) 等

【リハビリテーションの内容 〜実際にどんなことをするのか?】

理学療法

病気や外傷で生じたさまざまな障がいを回復するためのリハビリテーションを行います。
患者様に応じて筋力増強・歩行練習や基本動作(立つ・起きる)練習による「運動療法」、温熱・牽引・電気治療などで疼痛軽減を図る「物理療法」などを用いて、起居動作・移動動作の機能の改善を目指します。



作業療法

脳卒中や骨折などの病気やケガにより心身に障がいを有した方に対して、主に上肢・手指の巧緻性や高次脳機能に着目し、食事や着替えなどの日常生活動作、調理や掃除などの生活関連動作、復職に向けた職業訓練などの生活動作能力を、様々な作業活動を用いて回復を図ります。
また、作業を通して生活の場を見据え、出来るだけ自立した日常生活が送れるように支援します。


【物理療法機器紹介】

1 牽引台

腰や首の背骨(脊柱)を引っ張り、整復を行うための機器です。脊柱の歪みやずれが整えられることで痛みやしびれの症状を軽減させます。


2 低周波治療器

腕や肩、腰に吸盤型の電極を取り付けます。そこから微量の電気を流し、患部となる筋肉や神経に刺激を加えます。
これにより筋肉による痛みの軽減や、神経麻痺による筋肉の萎縮を軽減、予防します。


3 バイブラバス

主に手、腕の治療に使用されます。過流された浴槽の中に患部を入れることで温熱効果が得られます。
疼痛の軽減や、動きにくくなった関節の柔軟性向上・血液の循環促進に効果があります。


4 ホットパック

治療前の準備段階で身体を温めるために使用したり、患部を直接温めることで治癒効果を高めるために使用します。
こわばった筋肉のリラックス、痛みの軽減などの効果をもたらします。


5 パラフィン

患部を液体状のろう(パラフィン)に入れます。ろうが空気に触れると入れた部分に膜ができ、これを繰り返します。膜の層に包まれた部位がじんわりと温められます。
手足の指など複雑な凹凸のある部位に対しても均等に加温ができるという特徴があります。


6 超音波

治療の対象となる部位や範囲に照射することで疼痛軽減、筋肉のこわばり軽減や創傷治癒効果を得ることができます。




皮膚科のご案内

【診療内容】

当科では、湿疹・皮膚炎・皮膚掻痒症・蕁麻疹・皮膚血管炎・中毒疹・角化症・細菌感染症・ウイルス感染症・真菌感染症・皮膚腫瘍など、皮膚科全般の診療を行っています。
現在、月曜日午後・金曜日午後の週2日を診療日としておりますが、ご確認の上ご来院ください。




神経科のご案内

【診療内容】

寝つきが悪い、夜中に目が覚める、ぐっすり眠れないなどの睡眠障害、憂うつで気分がすっきりしない、やる気が起きない、マイナス思考になってしまうなどのうつ症状、動悸がする、不安が強くて日常生活や仕事に支障が出るなどの不安症状に対する治療と、物忘れが目立ってきたなどの認知症の診断を主に行っております。これらの症状でお困りの方はご相談ください。
   当院では精神科入院病棟はないため、外来治療のみ(木、金の週2日、予約制)となります。初診の方は電話でお確かめの上ご来院ください。                                      




歯科のご案内

【診療内容】

虫歯や歯周病にお悩みの方や顎関節症、小児歯科の診療を行う他、定期診査も実施しています。当科では病院歯科の利点を生かして、車椅子のままのX線撮影や、内科との密接な連絡による治療といった、患者さまの負担を少なくする工夫をしています。
一般外来のほか歯科の通院が難しい入院患者さまも治療しており、摂食嚥下訓練も行っています。
大学病院と同レベルの丁寧な治療を心がけております。