南台病院トップページへ戻る
黎明会のホームへ
サイト内検索
テキスト表示サイズ   サイトマップ

南台病院について

院長挨拶

診療科ご案内

休診のご案内

医療技術部門のご紹介

看護部のご案内

連携医療機関のご紹介

来院される方へ

健診のご案内

法人内ネットワーク

医療連携室

看護師復職支援

インフルエンザ予防接種

患者権利章典

南台病院へのお問い合わせ

薬剤科のご案内

 患者様はどの程度、薬剤師の業務内容をご存じでしょうか?
薬剤科の主な業務について、紹介させて頂きます。
 薬剤科は、病院2号館1階にあり、調剤室・医薬品情報室・医薬品倉庫からなっています。

1. 調剤業務

(1)内用薬・外用薬調剤

 医師の書いた処方せんに従って、錠剤・水薬・粉薬・外用薬(塗り薬・目薬・貼り薬など)を作る業務です。

処方監査
薬の量・使い方・飲み合わせなどを検討します。 さらに薬歴(薬剤師が記録した服用している薬の履歴)を確認します。この時、疑問な点があれば医師に確認します。
                        
薬袋作成
処方せんの内容から、薬を入れる袋を作ります。
            
調剤
再度、処方せんの内容を確認しながら、錠剤・水薬・粉薬・目薬塗り薬などを調製します。
最終監査
調剤された錠剤・水薬・粉薬は、まとめられ最後にもう一度、処方せんの内容と薬を照らし合わせて、確認を行います。

(2)注射薬調剤

 医師の書いた処方せんに従って、患者様ごとに毎日、注射薬の調剤を実施しています。
 薬の量・使い方・配合変化なども、飲み薬と同じように注意をはらっています。

注射薬取りそろえ
患者様ごとに注射薬をセットします。
ラベルの作成
注射薬に貼るラベルを患者様ごとに作ります。
確認作業
処方せんの内容と薬の名前と量・使用時間・ラベルの記載事項などを処方せんに照らし合わせて、確認を行います。

2.薬剤管理指導業務

 入院中の患者様が、使用している薬の内服薬、外用薬(持参された薬も含める)の 薬歴を作成し、薬の相互作用や出現する可能性のある副作用等をチェックします。その後、患者様のところにお伺いし、薬の使用方法や効能効果などを説明し、副作用の有無などを確認します。そして安心して間違えなく、薬を使用してもらうように説明します。

3.持参薬管理業務

入院患者様のお持ちになった薬をチェックし、情報を的確に把握して医師に伝えることで、安全性の向上を目指しています。

4.医薬品情報(Drug Information)業務

 製薬会社から変更された医薬品の説明書(添付文書)の情報や、厚生労働省から出される「緊急安全性情報」などを、医師、看護師等に薬物療法上の有用情報として、提供しています。
 また、薬剤によって、発現した副作用を、厚生労働省や製薬会社に連絡するなど、情報提供も行っています。

5.医薬品集

 院内で、取り扱っている医薬品に関して、薬効別に分類し、オリジナルの医薬品集を作成しています。毎月の新規医薬品や削除医薬品は、その都度、表にまとめ、年に1回、改訂しています。

6.医薬品管理業務

 院内で採用・使用されている医薬品の購入と在庫の管理を行い、在庫を最小限に抑えるために努めています。また、院内で使用する麻薬・向精神薬も法律に則り、管理を行っています。有効期限などの品質管理に十分注意して、各部署への供給を行っています。

7.チーム医療

(1)TDM

 院内で採用・使用されている医薬品の購入と在庫の管理を行い、在庫を最小限に抑治療薬剤の血中濃度を月に1回、測定してもらうように医師に推進します。測定結果は、検査室より随時情報が来ます。それらの結果を見て、薬物療法が適正に行われているかどうかをモニターしています。また必要に応じて、薬剤の適正な投与量などを、医師に提案します。

(2)その他

 カンファレンス・褥瘡回診などにも、積極的に参加して、少しでも薬剤師の立場から手助 けできるように努めています。




検査科のご案内

 

検体検査【血液・生化学検査・一般検査・輸血検査等】
生理検査【心電図・超音波・肺機能等】

 各部門では迅速な検査に努めています。患者様の適切な診断・治療に役に立ちますように検査科一同日々努力しています。

検体検査部門

 患者様から採取された検体【血液・尿・糞便等】について検査を行っています。

血液・生化学部門

 精度管理チェックを行い、自動分析装置を用いて測定したデータを各診療科や病棟に報告。
 血液検査には血球計数のほかに形態検査があり、赤血球や白血球の形態を分類し貧血の有無や造血状態を調べています。生化学検査は、主に血液中の血清部分を試料として用いて、その中に含まれる成分を定量し、肝機能、腎機能、膵機能、心機能などを調べています。感染症や免疫疾患などの罹患の有無の検査も行っています。

一般検査

 尿検査、糞便検査、穿刺液検査(髄液、腹水、胸水)などを行なっています。 尿検査の定性検査では。腎機能や肝機能の状態をスクリーニングします。 また、尿の成分や数を調べる尿沈査検査は、腎、尿路系疾患の有無や鑑別診断に用いられます。糞便検査では、消化器系出血の有無を行なっています。
また、院内感染防止対策委員会で最新情報を提供し、院内感染防止に努めています。

輸血検査

 輸血用血液の発注・保管・管理業務及び輸血関連検査を実施しています。、  輸血関連検査として、血液型検査、交差適合試験、間接クームス試験を行なっています。  安全で適正な輸血を目指し、日々の業務に取り組んでいます。

生理検査部門

 生理検査は、生体現象を電気的・物理的の捉える検査です。

12誘導心電図検査

 患者様は、ベッドに仰向けに寝て、両手足と胸部6ヶ所に電極を付け、心臓内部に発生する弱い電流を心電計を用いて記録します。  心臓の電気的変化を検出し図形として記録した心電図から不整脈の種類を鑑別でき、  心筋梗塞、狭心症、心肥大、心膜炎などの診断に役立ちます。

マスター負荷心電図

 二段の階段の昇降を3分間繰り返し、運動前後の心電図変化を見ています。

ホルター心電図検査

 ホルター心電図検査とは、日常生活中の約24時間にわたる心電図を携帯型のメモリーレコーダーで記録する検査です。  不整脈、虚血性心疾患などの診断、治療に役立ちます。

脳波検査

 頭皮に電極を貼り付けて、脳から発生する微弱な電流を脳波形を用いて記録します。  記録された波形を判読することにより、病気の診断治療に役立ちます。

肺機能検査

 息を吸ったり吐いたりして肺から出入りする空気の量を測って肺活量を調べたり、胸いっぱい息を吸って一気に吐き肺の気管支が狭くなってないかどうかについて調べます。  検査結果は、肺気腫・気管支炎・喘息などの診断に役立ちます。




放射線科のご案内

     

放射線科は、放射線の様々な性質を利用して、画像診断および治療に貢献している部門です。 本院では、一般外来受診者・入院患者・施設入所者を対象に検査を行っています。胸部・腹部・骨などの撮影を行う単純撮影検査、胃や腸などの造影や透視を行う透視検査、頭部・胸部・腹部など全身の断面像を撮影するCT検査、回診用X線装置による入院患者さまの検査を行い、専門医・技師・看護師等スタッフの連携により迅速かつ的確な検査結果を出しています。

平成22年4月よりPACS運用開始しました。 検査後診察室に戻られたらすぐに説明が受けられます、また過去の画像との比較もその場で参照できます。

主な設備

 CT装置・X線TV装置・一般撮影装置・ポータブル撮影装置

スタッフ

 技師3名


平成25年7月CTを新機種に導入しました。これにより撮影時の被曝量を低減して、一度の検査で様々な角度から高精細かつスピーディな広範囲撮影が可能となりました。





食事サービス科のご案内