やさしさと笑顔が作る信頼感をモットーに

特定健診・特定保健指導について

平成26年度特定健康診査のお知らせ


 特定健診(特定健康診査)とは、厚生労働省により、平成20年4月から実施が義務づけられた内臓脂肪型肥満に着目した健康診査です。
 実施の目的は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を対象に生活指導を行い、生活習慣病を予防することです。その背景には、生活習慣病の中でも、糖尿病、高血圧症、高脂血症等が肥満と密接な関係にあることを掲げています。 特定健診の対象者は、実施年度中に40歳~74歳になる人で、健康保険に加入している人が対象となります。

    1.事業目的

    「保険・医療・福祉の向上に貢献」という理念に基づいて、地域の皆様の健康管理と健康の促進に貢献することを目的とします。

    2.運営基準

      (1)ご利用者様のご都合を考慮します。
      (2)「個人情報」には適切な管理を行い、プライバシーを守ります。
      (3)機能評価認定病院として、受動喫煙防止対策が講じられています。
      (4)出張健診も可能です。

    3.検査内容

      【基本的な項目】
     
      ●質問票(服薬歴、喫煙歴等)
      ●身体測定(身長、体重、BMI、腹囲)
      ●血圧測定
      ●理学的検査(身体診察)
      ●検 尿(尿糖、尿蛋白)
      ●血液検査
     
      ・脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
     
      ・血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
     
      ・肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
       
  

    4.詳細な健診の項目(※一定の基準の下、医師が必要と認めた場合実施)

      ●心電図 ●眼底検査 ●貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)