やさしさと笑顔が作る信頼感をモットーに

薬剤科のご案内

薬剤袋

薬剤科の主な業務

患者様はどの程度、薬剤師の業務内容をご存じでしょうか?
薬剤科の主な業務について、紹介させて頂きます。
薬剤科は、病院2号館1階にあり、調剤室・医薬品情報室・医薬品倉庫からなっています。 ここで、2名の薬剤師が様々な業務を実施していますが、患者様に関係の深い業務を中心にご紹介します。

1. 調剤業務

(1)内用薬・外用薬調剤

 医師の書いた処方せんに従って、錠剤・水薬・粉薬・外用薬(塗り薬・目薬・貼り薬など)を作る業務です。

処方監査
薬の量・使い方・飲み合わせなどを検討します。 さらに薬歴(薬剤師が記録した服用している薬の履歴)を確認します。この時、疑問な点があれば医師に確認します。
                        
薬袋作成
処方せんの内容から、薬を入れる袋を作ります。
            
調剤
再度、処方せんの内容を確認しながら、錠剤・水薬・粉薬・目薬塗り薬などを調製します。
最終監査
調剤された錠剤・水薬・粉薬は、まとめられ最後にもう一度、処方せんの内容と薬を照らし合わせて、確認を行います。
(2)注射薬調剤
医師の書いた処方せんに従って、患者様ごとに毎日、注射薬の調剤を実施しています。
 薬の量・使い方・配合変化なども、飲み薬と同じように注意をはらっています。
注射薬取りそろえ
患者様ごとに注射薬をセットします。
ラベルの作成
注射薬に貼るラベルを患者様ごとに作ります。
確認作業
処方せんの内容と薬の名前と量・使用時間・ラベルの記載事項などを処方せんに照らし合わせて、確認を行います。

2.薬剤管理指導業務

入院中の患者様が、使用している薬の内服薬、外用薬(持参された薬も含める)の 薬歴を作成し、薬の相互作用や出現する可能性のある副作用等をチェックします。その後、患者様のところにお伺いし、薬の使用方法や効能効果などを説明し、副作用の有無などを確認します。そして安心して間違えなく、薬を使用してもらうように説明します。

3.持参薬管理業務

入院患者様のお持ちになった薬をチェックし、情報を的確に把握して医師に伝えることで、安全性の向上を目指しています。

4.医薬品情報(Drug Information)業務

製薬会社から変更された医薬品の説明書(添付文書)の情報や、厚生労働省から出される「緊急安全性情報」などを、医師、看護師等に薬物療法上の有用情報として、提供しています。  また、薬剤によって、発現した副作用を、厚生労働省や製薬会社に連絡するなど、情報提供も行っています。

5.医薬品集

院内で、取り扱っている医薬品に関して、薬効別に分類し、オリジナルの医薬品集を作成しています。毎月の新規医薬品や削除医薬品は、その都度、表にまとめ、年に1回、改訂しています。

6.医薬品管理業務

院内で採用・使用されている医薬品の購入と在庫の管理を行い、在庫を最小限に抑えるために努めています。また、院内で使用する麻薬・向精神薬も法律に則り、管理を行っています。有効期限などの品質管理に十分注意して、各部署への供給を行っています。

7.チーム医療

(1)TDM
院内で採用・使用されている医薬品の購入と在庫の管理を行い、在庫を最小限に抑治療薬剤の血中濃度を月に1回、測定してもらうように医師に推進します。測定結果は、検査室より随時情報が来ます。それらの結果を見て、薬物療法が適正に行われているかどうかをモニターしています。また必要に応じて、薬剤の適正な投与量などを、医師に提案します。
(2)その他
カンファレンス・褥瘡回診などにも、積極的に参加して、少しでも薬剤師の立場から手助 けできるように努めています。