やさしさと笑顔が作る信頼感をモットーに

検査科のご案内

検査科の主な業務

エコー
検体検査【血液・生化学検査・一般検査・輸血検査等】
生理検査【心電図・超音波・肺機能等】
各部門では迅速な検査に努めています。患者様の適切な診断・治療に役に立ちますように検査科一同日々努力しています。

検体検査部門

患者様から採取された検体【血液・尿・糞便等】について検査を行っています。

血液・生化学部門

日々、精度管理チェックを行い、自動分析装置を用いて測定したデータを各診療科や病棟に報告します。 血液検査には血球計数のほかに形態検査があり、赤血球や白血球の形態を分類し貧血の有無や造血状態を調べています。 生化学検査は、主に血液中の血清部分を試料として用いて、その中に含まれる成分を定量し、肝機能、腎機能、膵機能、心機能などを調べています。感染症や免疫疾患などの罹患の有無の検査も行っています。

一般検査

尿検査、糞便検査、穿刺液検査(髄液、腹水、胸水)などを行なっています。 尿検査の定性検査では。腎機能や肝機能の状態をスクリーニングします。 また、尿の成分や数を調べる尿沈査検査は、腎、尿路系疾患の有無や鑑別診断に用いられます。糞便検査では、消化器系出血の有無を行なっています。 また、院内感染防止対策委員会で最新情報を提供し、院内感染防止に努めています。

輸血検査

輸血用血液の発注・保管・管理業務及び輸血関連検査を実施しています。 輸血関連検査として、血液型検査、交差適合試験、間接クームス試験を行なっています。 安全で適正な輸血を目指し、日々の業務に取り組んでいます。

生理検査部門

生理検査は、生体現象を電気的・物理的の捉える検査です。

12誘導心電図検査

患者様は、ベッドに仰向けに寝て、両手足と胸部6ヶ所に電極を付け、心臓内部に発生する弱い電流を心電計を用いて記録します。 心臓の電気的変化を検出し図形として記録した心電図から不整脈の種類を鑑別でき、心筋梗塞、狭心症、心肥大、心膜炎などの診断に役立ちます。

マスター負荷心電図

二段の階段の昇降を3分間繰り返し、運動前後の心電図変化を見ています。

ホルター心電図検査

ホルター心電図検査とは、日常生活中の約24時間にわたる心電図を携帯型のメモリーレコーダーで記録する検査です。 不整脈、虚血性心疾患などの診断、治療に役立ちます。

脳波検査

頭皮に電極を貼り付けて、脳から発生する微弱な電流を脳波形を用いて記録します。 記録された波形を判読することにより、病気の診断治療に役立ちます。

肺機能検査

息を吸ったり吐いたりして肺から出入りする空気の量を測って肺活量を調べたり、胸いっぱい息を吸って一気に吐き肺の気管支が狭くなってないかどうかについて調べます。 検査結果は、肺気腫・気管支炎・喘息などの診断に役立ちます。