やさしさと笑顔が作る信頼感をモットーに

外来担当医(消化器内科)

診療科
消化器内科 午前 勝見 直也

――

―― ―― 勝見 直也

――

―― ――
午後 ―― 勝見 直也
(予約外来)

荒木 駿二

―― ―― 勝見 直也
(予約外来)
――

消化器内科のご案内

消化器内科

消化器内科のご案内

【診療内容】

上部消化管(食道・胃・十二指腸)、下部消化管(大腸)、肝臓、胆道及び膵臓疾患を中心に、消化器病全般の診療を行っています。

当院で可能な検査は、上部・下部消化管のX線及び内視鏡検査、腹部超音波検査、腹部CT検査があります。上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)では、苦痛の少ない細径内視鏡による経鼻内視鏡検査を行っています。 治療は、内視鏡的治療を積極的に行っています。また、手術が必要な場合などは、近隣の専門病院を紹介しています。

【診療を行っている主な病気】

  • 〈上部消化管疾患〉
    1. 食道炎、食道癌、食道胃静脈瘤、胃・十二指腸潰瘍、胃癌など
  • 〈下部消化管疾患〉
    1. 大腸ポリープ、大腸癌、腸閉塞、炎症性腸疾患など
  • 〈肝臓疾患〉
    1. 急性・慢性肝炎、肝硬変、肝癌など
  • 〈胆道・膵臓疾患〉
    1. 胆石症、胆嚢癌、胆管癌、急性・慢性膵炎、膵癌など

【治療内容】

消化管出血に対する内視鏡的止血術、胃・大腸ポリープや食道・胃・大腸の早期癌に対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)・内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

ヘリコバクターピロリに対する診断・除菌療法、食道・胃静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法・内視鏡的静脈瘤結紮術、胆道・膵臓疾患に対する内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)および治療、胃瘻造設術(PEG)など

経鼻内視鏡とは

現在、日本人の死因の第1位は、がんです。がんは早くみつかれば、それだけ治癒の可能性も生存率も高くなります。なかでも日本人に多い胃腸のがんには、内視鏡検査が早期発見につながる有効な検査方法のひとつです。
しかも、早期がんであれば大きな手術をせずに、内視鏡を使った手術で取り除くことも可能です。

消化管癌(食道癌,胃癌,大腸癌)は、早期発見により内視鏡による治療が可能な場合があります。そのため、早期発見・早期治療につながる定期的な内視鏡検査はかかせないものです。しかし、「胃カメラは苦しい」というイメージの患者さんを多くみかけます。いかに有用な検査であっても、患者さんが検査を敬遠してしまう事で病気の発見、診断の機会が遅れてしまっては残念な結果を引き起こしてしまいます。

今まで、内視鏡は口から挿入するものが一般的でした。しかし、最近では外径が約5mmの細径内視鏡が登場し、“経鼻内視鏡検査”という鼻から挿入する方法が行われるようになりました。

経口内視鏡と経鼻内視鏡写真

平成19年から当院でも経鼻内視鏡を導入し、「苦痛の少ない」上部消化管内視鏡検査を行っています。

(右は鉛筆、左は経口内視鏡、真ん中が経鼻内視鏡)→

鼻からカメラを入れることに、抵抗感をもたれる方もいらっしゃるかもしれませんが、きちんと前処置(鼻腔内の局所麻酔)をすれば心配はありません。また、経口法と比較し以下のような特徴があります。

経鼻内視鏡の特徴

  • 1.咽頭反射による嘔吐感が少ない
    1. 経口法では、内視鏡が舌のつけ根に触れるため、咽頭反射(“オエッー”)が起こります。経鼻法では内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどに触れることがないため、挿入による不快や吐き気をほとんど感じることなく検査を受けることができます。
  • 2.検査中に会話ができる
    1. 経口法ではマウスピースで口を塞がれてしまいましたが、経鼻法では検査中でも医師と会話ができます。質問をしたり、気分を伝えたりできるので、安心して検査が受けられます。
  • 3.日常生活に早く復帰できる
    1. 経口法では、検査を楽にするため鎮静剤を使って検査をすることがあります。しかし、経鼻法では、鎮静剤を使用しなくても検査が楽に受けられるため、短時間で日常生活に復帰でき、車の運転も可能です。また、食事も比較的早くとれます。