やさしさと笑顔が作る信頼感をモットーに

外来担当医(循環器内科)

診療科
循環器内科 午前 ―― 下山 克也 ―― 坂田 好美 下山 克也 ――
午後 下山 克也 ―― 石黒 みどり ―― ―― 下山 克也

循環器内科のご案内

【診療内容】

循環器内科

循環器科は、主に心臓疾患、血圧を対象とします。胸痛、胸部圧迫感、息切れ、動悸などが患者さんの訴える主な症状です。このような訴えを詳しく聞き(問診)、診察し(聴診など)一般検査(心電図、胸部レントゲン、血液検査など)を行い、さらに必要があれば専門的な検査を行い診断・治療を行っています。

当院で可能な専門検査として、心臓超音波検査(心エコー検査)、ホルター心電図(24時間心電図)などがあります。
狭心症などの診断、治療で心臓カテーテル検査が必要と考えられた場合や、徐脈でペースメーカーが必要な場合などは、患者さんの希望もお聞きして近隣の専門病院を紹介しています。

【診療を行っている主な病気】

虚血性心臓病(心筋梗塞、狭心症)、不整脈、弁膜症、心不全、高血圧など

心臓超音波検査

超音波を用い体の外から心臓を観察し、心臓の筋肉(心筋)の動きや弁の働きを観察し心臓機能や弁膜症の有無などを診断できます。超音波を使用しますので痛みなどはなく放射線なども使用しませんので体にも負担の少ない検査です。

ホルター心電図

主に不整脈の患者さんに行います、通常の心電図の記録時間は短いため不整脈がとらえられるとはかぎらず、頻度などの判定もできません。そこで24時間の心電図を記録し不整脈の種類の判定や頻度をみて治療に役立てています。外来でも行うことができます。
狭心症などの診断、治療で心臓カテーテル検査が必要と考えられた場合や、徐脈でペースメーカーが必要だった場合などは患者さんの希望もお聞きして近隣の専門病院を紹介しています。