黎明会のホームへ

サイト内検索

テキスト表示サイズ サイトマップ

地域で暮らす高齢者を総合的に支えるためのセンターです。小平市の委託により、主任ケアマネージャー・社会福祉士・保健士などが「チーム」で活動しています。

 地域包括支援センターは、地域で暮らす高齢者を、介護・福祉・健康・医療などのさまざまな面から総合的に支えるために設けられました。小平市から委託を受けて運営しています。

●連絡先

電話 042-349-2321
FAX 042-345-5348

●受付時間(日・祝日を除く)
平日・土 9:00〜17:00

小平市地域包括支援センターけやきの郷

職員募集

地域在宅福祉サービスセンター(ブログ)"

地域包括支援センターではこんな仕事をしています

―自立して生活できるように支援します

介護予防ケアマネジメント業務

■寝たきりなどへの不安はありませんか?

 健康な人でも、心身の機能を積極的に使わないと、次第に衰え、筋力や心肺機能の低下、睡眠障害や認知症などの症状が出てくることがあります。そのままにしておくと、介護が必要な状態になります。地域包括支援センターでは、皆さまの介護予防をお手伝いします。

■やりたいこと、できるようになりたいことはありませんか?

 

 ひとりで買い物に出かけたい、また料理が作れるようになりたい・・・など、皆さまが生活の中で実現したいことを目標に、できるかぎり在宅で自立した日常生活を継続できるよう支援します。いまできることはそのまま維持し、できないことも少しずつできるようにしましょう。

  • 要支援1・2と認定された人は、介護保険の介護予防サービスを利用できます。
  • 支援や介護が必要となるおそれの高い人や自立した生活をしている人などは、小平市が行う介護予防事業を利用できます。

―皆さまの権利を守ります

権利擁護業務

■お金の管理や契約などに不安はありませんか?

 お金の管理や契約に関することに不安があるとき、頼れる家族がいない場合などには、成年後見制度を利用できます。地域包括支援センターで成年後見制度が必要と判断した場合は、申し立てなどの手続きを支援します。また、高齢の皆さまにとって適切な成年後見人を選任できるよう、成年後見人候補を推薦する団体なども紹介します。

■虐待を防止します。

 「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」(高齢者虐待防止法)が成立しました。これに基づき、地域包括支援センターでは虐待の早期発見・把握に努め対応します。緊急の場合など必要に応じて、老人福祉施設等への入所など、他の機関と提携して高齢のみなさんを守ります。

―なんでもご相談ください

総合相談支援業務

■生活の中で、困っていることや心配なことはありませんか?

  お金の管理や契約に関することに不安があるとき、頼れる家族がいない場合などには、 これまで悩みや相談ごとがあったときに、「これは担当ではない」「ここではわからない」などと言われ、相談することをあきらめてしまったことはありませんか?地域包括支援センターでは、介護に関する相談や悩み以外にも、健康や福祉、医療や生活に関することなど、どのような相談にも対応します。
 「どこに相談するのかわからない」といった悩みも、まずはご相談ください。問題に応じて適切なサービスや機関、制度の利用につなげます。

―さまざまな方面から支えます

包括的・継続的ケアマネジメント支援業務

■こんな支援も行っています。

  高齢の皆さまに直接支援するほかにも、地域のケアマネージャーが円滑に仕事を進められるよう支援や指導を行っています。また、より暮らしやすい地域にするために、医療機関を含め、さまざまな関係機関とのネットワーク作りに力を入れています。